5.佐川急便着払いサービス(ウィークリーサービス編)[](08/07 11:51)


< ページ移動: 1 2 >

海外発送担当者様へ

この度は、私共のウィークリーサービスにご関心をいただきまして、
誠にありがとうございました。
ウィークリーサービスを効果的にご利用頂くために、お荷物の出荷の際の手続きのポイントをよくご理解頂ければ、サービスメリットを十分にお試し頂けると思います。
私共にオーダーをいただける際、御社で次の書類を準備いただける場合は、以下のように手配のご協力をお願いいたします。

※A) Commercial Invoiceの作成
1) “Payment”の欄
⇒有償貨物の場合、オリジナルインボイスで直筆の署名(サイン)入りのものが
3部必要となります。
⇒無償貨物の発送の場合・・・“No Commercial Value ・・・”などと記載する
インボイスが必要ですが、私共で、代行作成サービスさせて頂くこともできます。
2) “Amount”金額欄にFOB価額が記載されているかどうか。
⇒ FOB価格が必要となります。
3) 貨物の個数が記載されているかどうか。
⇒ 個数の表示をお願い致します。
4) 原産国(ORIGIN)の記載がなされているかどうか。
⇒ ex. “JAPAN”
5) 貨物の申告価額(VALUE)が、C&Fベースで、¥300,000-以下であるかどうか。
⇒ もし¥300,000-以下の場合、別途保険をかける必要はございません。
私共ウィークリーサービスをご利用の場合、包括契約で、
1 shipment (1 HAWB)につ¥300,000-まで、求償することができます。

※B) 送り状(貨物受取書)の作成
1) 1 Form(発送人)、2 To(受取人)、3 To(受取人)の内容(Full description of contents)だけ
をご記入頂くだけで結構です。
2) 右上の4 Size and Weight の欄は、お荷物の個数と、できれば重量・サイズ(大きさDIMS)を
ご記入下さい。分からない場合は、ご記入いただかなくても結構です。集荷後、私共で計量、計測
後、記載いたします。
3) 送り状の1枚目(Shipper's copy)を切離してお手元に保管下さい。お荷物の追跡(トレーシング)
のと時に、その伝票番号で追跡サイト(http://www.dhl.co.jp)に入力されて お役立て下さい。

※C) お荷物の準備
1) A)のインボイス(オリジナル3枚)と、B)の貨物受取書(ACR)を、折りたたんで封筒に入れて、お手
数ですが、お荷物にガムテープなどでしっかり貼って下さい。(お荷物から離れない方法であれば
何でも結構です。)
2) 佐川急便の着払い伝票(ピンク色)をご用意下さい。以下のように、ご記入いただきまして、火曜日
の午前中必着、あるいは金曜日の午前中必着など、あるいはそれ以前に前もって、私共集荷場に

< ページ移動: 1 2 >

5/25

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13